行政書士は官公庁に提出する各種許認可、届出書類などを企業にかわって作成するとともに、提出代理や相談業務を行います。

行政書士の仕事とは?

*官公署に提出する書類の作成

*権利義務に関する書類の作成

*事実証明に関する書類の作成
<実地地調査にもとづく図面の作成を含む>

*手続きの代行業務<有料代行>

*書類の作成についての相談業務
<有料業務>

*他の資格者ができない仕事

行政書士はこんなに使える!

就職・転職ならば、法律知識を持った人材として総務・法務部門を中心に様々な企業で活躍できます。
特に行政に関する知識が深い行政書士の資格取得者は不動勧業・建設業・建築業・金融業などで高い「取得手当」を受けることができるケースが多く、その額は月に数万円程度になる企業もあります。
行政書士はこれだけのことができる
・予防法学のプロになれる(伝家の宝刀である権利義務および事実証明に関する業務があるため)

・管理会計のプロとして会社業務が認められているので、経営コンサルタントになれる

・渉外行政書士業務で国際的活動ができる

・企業の顧問にもなれる

・約9000種類の書類を扱い、相談を受けることができる(事務弁護士といえる)

・企業では欠かせない著作権の登録業務を行うことができる

・社会保険労務のコンサルタントになれる
(相当の行政書士が企業にくい込んでいる)

・・・・・・などなど・・・。

この資格と相性抜群!

宅建・社労士・測量士・司法書士・簿記

CS国家資格学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし司法試験司法予備試験司法書士行政書士税理士社会保険労務士中小企業診断士宅建マンション管理士管理業務主任者ファイナンシャル・プランニング技能検定1級ファイナンシャル・プランニング技能検定2級ファイナンシャル・プランニング技能検定3級日商簿記1級日商簿記2級3級法学検定基礎法学検定中級法学検定上級ビジネス実務法務検定1級ビジネス実務法務検定2級ビジネス実務法務検定3級

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

当校では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
突然の来校は、受講の中断となる可能性と、せっかく来校いただいたのに対応不能となることもあります。
また、ご質問等に関しましては直接に実際に講義している担当がお応えいたします。
つきましては、予約の程をお願いしております。
充分な専用の時間と講師の時間を確保いたしますので
ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。