管理業務主任者とは、管理契約の重要事項の説明から受託した後の管理業務の処理まで、マンション管理のマネジメント業務を行う者のことです

管理業務主任者の業務とは?

増大するマンションの重要性を受け、平成12年に「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」でマンション管理業が登録制となり、それにともなって管理業務主任者という資格が定められました。
管理業務主任者とは、管理受託契約の重要事項の説明から、受託した後の管理業務の状況確認・報告まで、マンション管理のマネジメント業務を担う者のことです。
また、マンション管理業者が登録を受ける際には、事務所ごとに30管理組合につき1名以上の管理業務主任者を置かなければならないとされています。

管理業務主任者はこんなに使える!

いまや10人に1人が分譲マンション住まいという時代、管理業務主任者は マンション管理業者の従業員として管理委託契約時に重要事項を説明したり、組合に対して管理状況の報告などを行うのが仕事です。
マンションの歴史は浅く、今まで老朽化による目立ったトラブルなどはあまり表に出てきていません。
しかし業界の統計データによると、2011年には築30年超の老朽マンションが着実に100万戸を上回るとされ、年数の経過に伴って様々な問題が表面化すると考えられます。
管理業務主任者は今最も業界で必要とされている人材なのです。

この資格と相性抜群!

宅建・行政書士・司法書士・ファイナンシャルプランナー

CS国家資格学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし司法試験司法予備試験司法書士行政書士税理士社会保険労務士中小企業診断士宅建マンション管理士管理業務主任者ファイナンシャル・プランニング技能検定1級ファイナンシャル・プランニング技能検定2級ファイナンシャル・プランニング技能検定3級日商簿記1級日商簿記2級3級法学検定基礎法学検定中級法学検定上級ビジネス実務法務検定1級ビジネス実務法務検定2級ビジネス実務法務検定3級

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

当校では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
突然の来校は、受講の中断となる可能性と、せっかく来校いただいたのに対応不能となることもあります。
また、ご質問等に関しましては直接に実際に講義している担当がお応えいたします。
つきましては、予約の程をお願いしております。
充分な専用の時間と講師の時間を確保いたしますので
ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。