次世代育成のための環境つくりの為、様々な行政サービスの実施を通じて社会的弱者と向き合い、人々の暮らしを守ります。

公務員の種類とは?

公務員には大きく分けて2種類あります。一つは国の機関で働く「国家公務員」、そしてもう一つが地方自治体の機関で働く「地方公務員」です。

以下には、当校における合格実績の公務員をあげてみました。

国家公務員
#国家公務員Ⅰ種・Ⅱ種・Ⅲ種・総合職・一般職
#裁判所事務官Ⅰ種・Ⅱ種・Ⅲ種
#防衛庁Ⅱ種・Ⅲ種
#国税専門官
#労働基準監督官
#海上保安庁
#郵政
#刑務官
#自衛官(幹部候補生、曹侯補士、曹侯補学生、航空学生、看護学生、防衛大・・・・)
#特殊法人・・・・など・・・。

地方公務員
#県庁(福岡・熊本・長崎・宮崎・大分・沖縄・・・・九州~西日本)
#各地県内市役所(熊本・福岡・大分・宮崎・長崎・鹿児島・山口・・・九州~西日本各地)
#各地町村役場
#警察官(熊本・福岡・宮崎・鹿児島・長崎・・・・大阪・・西日本各地)
#消防士(熊本・福岡・・・各地近隣広域消防・・・。)

公務員の職種

【一般行政職】 広く行政の仕事に携わる職種

【技術職】 土木・建築・電気・機械・化学・農業・農学などの専門分野に基づいて採用

【心理職、福祉職】 心理職は、衛生局や児童相談所において各種相談に関わる仕事や心理判定員等での業務に携わる

【資格免許職】 保育士・管理栄養士・保健士など資格や免許が必要な職種の採用

社会人にも人気の公務員

公務員というと、「高校や大学の卒業を控えた新卒の学生が目指すもの」というイメージを抱いていないでしょうか?
確かに現在、公務員として働いている人の大半は、新卒で官公庁等に就職しています。
学生時代を思い浮かべてみても、公務員を目指す人はずいぶん早くから特別な準備をしていたという印象があります。
しかしそれは、慣行的にたまたまそうであるだけで、実際には、社会人にも公務員への道は開かれています。
転職というと、民間企業への移籍だけを考えがちですが、民間企業から公務員へという選択も可能なのです。
むしろ転職活動をしている人にとっては、民間企業への転職よりも公務員への転職のほうが有利になる場合もあるくらいです。
そのもっとも大きな理由に、公務員試験の受験資格で問われるのは、基本的には年齢だけだといった点が上げられます。
しかも、公務員試験では民間企業の採用のように、「既卒は不可」ということはありません。
基本的には、高校卒業や大学卒業などの「学歴」が受験資格になるということもないのです。
つまり、公務員試験は、年齢条件さえクリアすれば、誰でも新卒と同じ土俵で戦うことができます。

CS公務員学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし国家公務員総合職国家公務員一般職地方公務員上級職地方公務員初級職民間経験者枠警察官消防官国立大学職員特殊法人裁判所総合職裁判所一般職国税専門官税務職員財務専門官労働基準監督官法務省職員刑務官防衛省職員自衛隊一般曹候補生自衛隊幹部候補生自衛隊航空学生自衛隊看護学生防衛大学校学生防衛医科大学校学生自衛隊看護学生入国警備官海上保安大学校・海上保安学校学生航空保安大学校学生国会議員政策担当秘書大学職員準公務員

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

当校では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
突然の来校は、受講の中断となる可能性と、せっかく来校いただいたのに対応不能となることもあります。
また、ご質問等に関しましては直接に実際に講義している担当がお応えいたします。
つきましては、予約の程をお願いしております。
充分な専用の時間と講師の時間を確保いたしますので
ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。