宅建は不動産業界では事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くことが国によって定められている、大変ニーズの高い資格です。
(※平成26年度までは宅地建物取引主任者資格試験という名称でした)

宅地建物取引士の業務とは?

1.相手方に物件の法的な説明(重要事項説明)

2.その説明書面にサインをする

3.契約が成立したときに、その内容を明確にするために作成される契約書面にサインをする

のたった三つです!!
みなさん、そんな簡単なことなのかと思うかもしれません。
しかし、この仕事は宅地建物取引士しかやってはいけないのです。もし、無資格でこれをすると、「3年以下の懲役若しくは100万円の罰金」という刑罰が待っています。宅地建物取引士はそれだけドッシリと重い資格なのです。

今、人気急上昇の”宅地建物取引士”の大きな理由

その1. 受験にあたっての特別な資格や実務経験が不要で、誰でも受験を受けられること。

その2. 社会的なニーズが高まっていることから、社会勉強の一方法として有効であるとともに、就職・転職に際しても有利なこと。

その3. 一定の手続きを経て業者免許を取得すれば、開業も可能であり、不動産スペシャリストとしての確実な道が開けていること

宅地建物取引士はこんなに使える!

宅建資格者は不動産業を運営する企業にとってはなくてはならない存在です。
常時、従業員5人に対し1人の割合でおかなければならず、資格者の欠員が出たときは速やかに補充しなければならないため、求人が途切れることはありません。
「不動産業務に対する歩合に資格手当をプラスしたら基本給より高くなった」という話は決して珍しい話ではありません。

宅地建物取引士の将来性

今日、不動産取引業は、都市再開発の伸展、郊外住宅の整備、職住接近の要請などの影響によって活発になっています。

宅地建物取引士の資格は、不動産取引業に不可欠なのですから、この資格はきわめて有望といえるでしょう。

また、宅建は、他の資格取得へのステップアップにもつながるものでもあります。
資格取得後、不動産取引業務を行っている企業に入る道と独立する道があります。
独立した場合、実力があればかなりの高収入が得られます。

就職先・転職の際には高い評価が得られます。

この資格と相性抜群!

行政書士・測量士・司法書士・土地家屋調査士

CS国家資格学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし司法試験司法予備試験司法書士行政書士税理士社会保険労務士中小企業診断士宅建マンション管理士管理業務主任者ファイナンシャル・プランニング技能検定1級ファイナンシャル・プランニング技能検定2級ファイナンシャル・プランニング技能検定3級日商簿記1級日商簿記2級3級法学検定基礎法学検定中級法学検定上級ビジネス実務法務検定1級ビジネス実務法務検定2級ビジネス実務法務検定3級

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

当校では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
突然の来校は、受講の中断となる可能性と、せっかく来校いただいたのに対応不能となることもあります。
また、ご質問等に関しましては直接に実際に講義している担当がお応えいたします。
つきましては、予約の程をお願いしております。
充分な専用の時間と講師の時間を確保いたしますので
ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。