中小企業診断士は、経営コンサルタントとしては、唯一の国家資格で、企業経営 を多角的に診断・分析し問題点の解決をはかる、「企業のドクター」です

中小企業診断士とは?

中小企業診断士とは、
中小企業のマネジメント・コンサルタントを養成するために作られた、
国家資格です。

基本的業務は次の9つです。
①全国都道府県・政令指定都市などの地方公共団体での、コンサルティング協会業務。
②全国の商工会議所・商工会の経営改善・普及事業での、協力業務。
③中小企業金融公庫との連携による融資・経営診断にかかわる業務。
④雇用促進事業団などの公共団体との連携による、コンサルティング業務。
⑤各種の業界団体の依頼による、コンサルティング業務。
⑥中小企業の依頼による、コンサルティング業務。
⑦中小企業の依頼による教育訓練などの、インストラクター業務。
⑧国際協力事業団などの委託による、診断士の海外派遣業務。
⑨海外関係機関との、国際協力事業。

中小企業診断士はこんな人に最適!!

★企業の経営コンサルトを目指す方。
★企業の新人経営者・後継者。
★金融機関に勤めているサラリーマン。
★取引現場で活躍する営業マン。
★上昇志向をもつビジネスマン。
★就職戦線を突破したい人。
★人生のフィールドを広げたい人。

中小企業診断士はこんなに使える!

中小企業診断士は、
ビジネスを体系的に習得するため、
取得後は、各部門・分野でのリーダー的存在になります。
中小企業診断士の知識は、
ビジネスの場で、即活かせるものばかりなので、
コンサルタントとしての道ばかりでなく、
企画立案から実行までもこなすことができる、
最もストライクゾーンの広い資格でもあります。

独立開業だけでなく、
社内での昇給昇進、定年後の再就職、プライベートで投資をするなど、
その人の目的に応じて、
何にでも使うことができる、まさに無駄のない資格です。

中小企業診断士の将来性は?

当然のことながら、
中小企業の診断指導の場においても、
今後の情報化問題は避けて通れない問題となってきています。

既存の商業・工業部門の診断士の能力だけでなく、情報化についても、
十分な能力をもつ中小企業診断士が必要となってきています。

経営のグローバル化に伴い、
試験科目内容とともに一新しています。
このことは、
今後ますます中小企業診断士の果たす役割が、
重要になっていくことを示しています。
中小企業診断士は、
実績を上げて信頼を得れば、かなりの収入が望めます。
企業診断や、経営コンサルタント会社に勤めるほか、金融機関の業界では、
企業内診断も注目されています。
充分に経験をつめば、独立開業しても仕事には困りません。
独立の際に税理士・公認会計士・社会保険労務士などの資格を併用すると、
さらに貴重な存在として高収入が期待できます。

こんな資格と相性抜群!

行政書士・社労士・税理士・簿記

CS国家資格学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし司法試験司法予備試験司法書士行政書士税理士社会保険労務士中小企業診断士宅建マンション管理士管理業務主任者ファイナンシャル・プランニング技能検定1級ファイナンシャル・プランニング技能検定2級ファイナンシャル・プランニング技能検定3級日商簿記2級3級日商簿記1級法学検定基礎法学検定中級法学検定上級ビジネス実務法務検定1級ビジネス実務法務検定2級ビジネス実務法務検定3級

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

CS総合国家資格学院では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
また、ご質問等に関しましては、実際に講義している担当が、直接にお応えいたします。
つきましては、ご来校の際は、予約の程をお願いしております。
専用の対応時間と講師の時間を確保いたしますので、
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。