いわずと知れた、国家資格の最高峰のひとつです。
合格後は、弁護士・裁判官・検察官のいずれかの道に進みます。

司法試験とは?

まず、司法試験に合格すると、3つの選択肢があります。
1つ目は「弁護士」、
2つ目は「裁判官」、
3つ目は「検察官」の3つです。
その中でも皆さんに一番身近な「弁護士」について説明します。

弁護士の職務は、
民事・刑事訴訟事件の処理、
訴訟に至らない紛争解決、
法律の専門知識を活用しての相談などを通じ、
基本的人権を守りつつ、社会正義の実現をはかることにあります。

近年、社会には様々な紛争・トラブルが、増加しています。
公害問題、離婚、医療事故、商取引上のトラブル、会社の倒産、相続争い、学校における生徒の人権侵害、隣近所の騒音、と数え出したらキリがありません。
これらの解決にあたって、
弁護士が一役買っているということを考えると、
その職務領域の広さ、及び、重要性が十分認識できるでしょう。

弁護士になるためには、
司法習生として、修業を積むことが必要です。
その後、
先輩弁護士の事務所に、イソ弁として勤務し、
実務経験を積んでから独立というのが、一般的なコースでした。
しかし、
最近は習生を終えるとすぐ、
共同事務所を構えるという人も増えています。
事務所は、
加入する単位弁護士会の地域ならどこでも設けられます。
自宅が事務所という人も多数います。

また、女性だけで開設している事務所もあります。
全国の弁護士の中、女性は8%程に過ぎません。
女性の立場になって考えなければならない問題が、
社会やモラルの発展とともに、増えてきたことを考えても、
弁護士の世界への女性の進出が、大いに期待されるところです。

弁護士の将来性は?

依頼人、事件の性質、実績などによって収入は大きく違います。
事件の解決の報酬のほかに、
顧問料、原稿料、テレビなどの出演料なども加わり、
かなりの高収入も可能です。

独立の場合には、
事務所の立地条件やキャリアに左右されるのは、どの職業も同じです。
特に、人脈は重要なポイントといわれています。

近年、扱う事件は、国際化・複雑化しています。
広い視野や幅のある価値観に加え、
人間力も問われます。
今後は、
自分の得意分野をもって働く傾向が強まるでしょう。

CS国家資格学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし司法試験司法予備試験司法書士行政書士税理士社会保険労務士中小企業診断士宅建マンション管理士管理業務主任者ファイナンシャル・プランニング技能検定1級ファイナンシャル・プランニング技能検定2級ファイナンシャル・プランニング技能検定3級日商簿記2級3級日商簿記1級法学検定基礎法学検定中級法学検定上級ビジネス実務法務検定1級ビジネス実務法務検定2級ビジネス実務法務検定3級

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

CS総合国家資格学院では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
また、ご質問等に関しましては、実際に講義している担当が、直接にお応えいたします。
つきましては、ご来校の際は、予約の程をお願いしております。
専用の対応時間と講師の時間を確保いたしますので、
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。