簿記の資格を取得することで、経理関連の書類の読み取りができ、取引先の企業の経営状況を、数字から理解できるようになります。

簿記とは?

簿記とは、
企業における経済の動きを、数表にして据え、
現状を分析し、将来に対処する実務です。
この能力があれば、
企業の経理部門で活躍することができます。
また、
商店や中小企業で、経理事務を担当するなど、
副業もしやすくなるでしょう。

簿記はこんなに使える!

簿記には、
全国商業高等学校協会が主催する【全商】と、日本商工会議所が主催する【日商】の二種類があります。
特に、
社会的に評価価値が高いのが日商簿記で、
一級になれば、
税理士への登龍門として、毎年多くの人が受験しています。
会計事務職への転職・就職が有利になるのは、
もちろんのこと、
金銭を直接取り扱う、重要なポストへのキャリアアップを狙うなら、
ぜひ取得しておきたい資格です。

企業の活動に不可欠な「経理」に、
直接的に関係がある簿記は、
資格手当てはもとより、女性の結婚・出産後にも、
有利に働くことができます。

簿記の将来性は?

2級以上の資格を取れば、
手当てなど優遇する企業が多いです。

近年は、
企業における財務戦略のあり方が大切になっており、
簿記能力を身に付けることは、将来的にたいへん有望です。
また、
簿記を理解すると、
原価意識の向上・バランスシートの把握など、
かなりの能力アップが望めます。

よく、簿記を身につけようとする人の中に、
「数学が苦手だけれど大丈夫だろうか」とか
「ソロバンができないけれど・・・」などの不安を言われる人がいます。
しかし、
当校講師に言わせると、
全くナンセンスな心配!関係ありません。
中学程度の加減乗除ができればOK。
要は、
実務における、理解が一番大切なのです。

各級の技能程度は次の通りです

【1級】大学程度の企業会計に関する法規(財務諸表規則など)を理解できる。会計指導者向

【2級】高校程度の簿記が理解できる。会計主任クラス向

【3級】基礎的な商業簿記原理、記帳、決算などに関する初歩的事務が理解できる。一般記帳係向

【4級】初歩的な商業簿記を理解している。商業簿記入門者向

この資格と相性抜群!

税理士・社労士・行政書士

CS国家資格学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし司法試験司法予備試験司法書士行政書士税理士社会保険労務士中小企業診断士宅建マンション管理士管理業務主任者ファイナンシャル・プランニング技能検定1級ファイナンシャル・プランニング技能検定2級ファイナンシャル・プランニング技能検定3級日商簿記2級3級日商簿記1級法学検定基礎法学検定中級法学検定上級ビジネス実務法務検定1級ビジネス実務法務検定2級ビジネス実務法務検定3級

通学制リモート制通信制郵送通信制WEB

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

CS総合国家資格学院では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
また、ご質問等に関しましては、実際に講義している担当が、直接にお応えいたします。
つきましては、ご来校の際は、予約の程をお願いしております。
専用の対応時間と講師の時間を確保いたしますので、
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。