税理士とは税務に関する専門家です。
独立開業向けの資格と思われがちですが、
企業内はもちろんグローバルな活躍を見せている資格です。

税理士の仕事は?

まず大まかに分けて、税務・会計・経営関係の指導や相談の三つがありますがもっと細かく説明すると下のようになります。

[1]税務関係 税理代理 税務書類の作成 税務相談

[2]会計関係 決済業務 元帳記帳、財務諸表の作成 会計関係の指導および相談

[3]経営関係の指導や相談

注意 税務については、税理士法で税理士独占の業務と決められています。

税に関する一般の人々の関心は高まる一方ですが、その仕組みは複雑で容易にはわからないものです。
税理士は個人や企業の依頼を受けて、税の専門家として税務を処理していくことを仕事としています。
具体的には、所得税、法人税、固定資産税、相続税、贈与税など様々な税についての申告や納税手続き、税務書類の作成、税務代理といった税務関係の仕事を主に行っています。

また、中小企業、個人商店の経営者から経営相談に応じることも大切な業務となりつつあります。このように、これからの税理士は、経営コンサルタント的な役割が大きくなっていく事だと思われます。

税理士はこんなに使える!

税理士はその地位、身分、収入などを保証するため税理士だけが行える独占業務があります。ゆえに高いニーズがあり、ひとりではこなしきれず数人を雇って事務所を構えることが当たり前になっています。
努力次第で安定した仕事量、収入を確保することができ、仕事の範囲は税務だけでなく財務法律のプロとしてのコンサルタント業にまで及びます。
きめ細やかな処理や配慮が必要になりますので特に女性に向いていると言えます。
男性はもちろん女性の税理士の中にも年収数千万~数億円に上る人もいます。

税理士の将来性は?

一般企業において税理士の有資格者は、かなりの厚遇がきたいできます。
独立開業した場合には、実力次第で高収入が望めます。
顧客を獲得するために、税務事務所や会計事務所にまず就職してから独立というコースをとる人も多いようです。

税理士の仕事は決して楽な仕事ではありませんが、不況・リストラなど、企業にとって厳しい経営環境のなか、合理的な納税をしたいとどの企業も考えており、その社会的必要性は増大していくことでしょう。

女性にとっては結婚後家庭に入っても続けることができ、魅力的な仕事といえるでしょう。

この資格と相性抜群!

行政書士・社労士・簿記

CS国家資格学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし司法試験司法予備試験司法書士行政書士税理士社会保険労務士中小企業診断士宅建マンション管理士管理業務主任者ファイナンシャル・プランニング技能検定1級ファイナンシャル・プランニング技能検定2級ファイナンシャル・プランニング技能検定3級日商簿記1級日商簿記2級3級法学検定基礎法学検定中級法学検定上級ビジネス実務法務検定1級ビジネス実務法務検定2級ビジネス実務法務検定3級

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

当校では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
突然の来校は、受講の中断となる可能性と、せっかく来校いただいたのに対応不能となることもあります。
また、ご質問等に関しましては直接に実際に講義している担当がお応えいたします。
つきましては、予約の程をお願いしております。
充分な専用の時間と講師の時間を確保いたしますので
ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。