社会保険労務士は、その企業に関わる、人材の採用から退職までの、労働・社会保険に関する手続きを行う、人事労務のエキスパートです。

社会保険労務士の仕事とは?

社会保険労務士は、
労働・社会保険に関する法令に基づき、企業や事業者を対象に、
行政機関に提出する書類の作成、
提出の代行や、
事業所に備える帳簿書類の作成を行うことを仕事としています。

最近は、
単なる書類手続業務よりも、
労働や社会保険についての、
経営者の相談に応ずることが重要になっています。

さらに、
労務管理の近代化、社会保険制度の進展に伴い、
人事・労務管理、職場の安全・衛生管理、労働時間の短縮などの諸方策や、
厚生年金制度などについて、
相談に応じたり、指導する仕事も増えています。

社会保険労務士はこんなに使える!

高齢化社会の到来や、労働形態・労働問題の多様化により、
社労士の社会的ニーズは、
高まる一方で、
多くの企業が社労士を必要としています。

社労士は、業務のほぼ全てが、頭脳を使う頭脳職であるため、
身体的ハンデや加齢に関係なく、
一生働けるメリットがあります。

独立して開業はもちろんのこと、
今の職場でも、キャリアアップが狙えます。
特に、会計や総務での抜擢が多く、
主要ポストに就くことで、
人生を大きくステップアップさせることができるでしょう。

社会保険労務士の将来性は?

働き方改革を含め、労働時間の短縮、雇用均等法の成立など、
労働問題は、日々解決困難になる一方です。
とても経営者だけで、対処しきれるものではありません。
今後の社会・経済事情の変化と、人口の老齢化に伴い、
労働・社会保険関係の諸法律の整備とともに、
社会保険労務士に対する社会の要請も、ますます増大することと思います。

資格取得後は、
(1)社会保険労務士事務所を設けて、独立開業する。
(2)企業内で、人事・労務管理等の分野で、活躍する。
といった2つの道がありますが、
同業者の営む「社会保険労務士事務所」に勤務する人も多いようです。
合格者中30%が女性というのもあり、
たいへん女性向けともいえます。

他の職業にはない利点

社会保険労務士に限らず、個人事務所を持つ職業は、
時間に拘束されないという点で、
自己管理をきっちりとしていく必要があります。
反面、
その自覚さえ持っていれば、
仕事の合間をぬって、
映画・観劇・ショッピング・スポーツクラブにもいくことも可能なのです。

また、都合さえつけば、
混雑する休日を避けて、空いている平日に旅行も可能です。
これは、他の職業には、見られない特別な利点と言えるでしょう。

この資格と相性抜群!

行政書士・簿記・税理士

CS国家資格学院の無料資料お問い合わせはこちら。

請求資料 (必須)
選択なし司法試験司法予備試験司法書士行政書士税理士社会保険労務士中小企業診断士宅建マンション管理士管理業務主任者ファイナンシャル・プランニング技能検定1級ファイナンシャル・プランニング技能検定2級ファイナンシャル・プランニング技能検定3級日商簿記2級3級日商簿記1級法学検定基礎法学検定中級法学検定上級ビジネス実務法務検定1級ビジネス実務法務検定2級ビジネス実務法務検定3級

上記の内容で送信いたします。よろしければ、チェックを入れて下さい。

資料をご希望の方へ

CS総合国家資格学院では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
また、ご質問等に関しましては、実際に講義している担当が、直接にお応えいたします。
つきましては、ご来校の際は、予約の程をお願いしております。
専用の対応時間と講師の時間を確保いたしますので、
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。