管理業務

管理業務主任者とは、管理契約の重要事項の説明、及び、受託した後の管理業務の処理など、マンション管理のマネジメント業務を行う者です。

管理業務主任者の業務とは?

増大するマンションの重要性を受け、
「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」において、
マンション管理業が登録制となり、
それにともなって、管理業務主任者という資格が定められました。

また、マンション管理業者が登録を受ける際には、
事務所ごとに30管理組合につき、1名以上の管理業務主任者を、
置かなければならないとされています。

管理業務主任者はこんなに使える!

今や、10人に1人が分譲マンション住まいという時代。
管理業務主任者は、
マンション管理業者の従業員として、管理委託契約時に重要事項を説明したり、
組合に対して管理状況の報告などを行うのが仕事です。
マンションの歴史は浅く、
今からが老朽化などのトラブルが、噴き出す頃合いとなっています。

国土交通省の統計資料によると、
築30年超の老朽マンションが、
2023年には250万戸を超え、2033年には450万戸に迫るという資料も出されており、
様々なトラブルが、年数の経過に伴って、表面化すると考えられます。
管理業務主任者は、
今最も業界で必要とされている人材なのです。

この資格と相性抜群!

宅建・行政書士・司法書士・ファイナンシャルプランナー

CS国家資格学院の無料資料はこちら
(只今満定員のため新規入学停止中。資料ご希望の方へは順次ご案内いたします。)
資料をご希望の方へ

CS総合国家資格学院では、完全定員制、かつ、プライベートのマンツーマンの講座となっています。
また、ご質問等に関しましては、実際に講義している担当が、直接にお応えいたします。
つきましては、ご来校の際は、予約の程をお願いしております。
専用の対応時間と講師の時間を確保いたしますので、
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。